抗うつ薬の種類と過ごし方

病院でうつ病と診断されると、抗うつ薬が処方されます。
うつ病は心の病といわれ、発症には心の葛藤も病の要因になりますが
直接的な原因は脳内環境のバランスが崩れたことにあります。
抗うつ薬は「脳内神経伝達系」に働きかけバランスを元の状態に戻すための精神薬です。
抑うつ気分や希死念慮を特徴とした気分障害、不安障害の全般性不安障害やパニック障害、社交不安障害、強迫性障害、心的外傷後ストレス障害に処方されます。 「抗うつ薬の種類と過ごし方」の続きを読む

理解されないうつ病と無気力

うつ病は誰でも発症する可能性がある病気です。そのため自分はうつ病にならないと油断するのは良くありません。
うつ病の大きな原因としてストレスがあります。どんな立場の人間でもストレスはかかるものです。人間関係はもちろん、失業と言った仕事のこともうつ病のきっかけとなります。
「理解されないうつ病と無気力」の続きを読む

うつ病のガイドライン

気分が落ち込む、憂鬱な気分になるといったことはだれにでも起こります。これだけではうつ病とは言えません。うつ病と診断されるのは、気分の沈み込みややる気の低下が普通ではなく、症状が丸一日から何週間も続き、日常生活や社会生活に支障をきたしている人です。

具体的な症状をもう少し詳しく検証してみましょう。

抑うつ状態のほかには、不安、焦燥などの気分になることもあり、興味や意欲が低下し、何事にもやる気が起こらなくなります。ひどい罪悪感にさいなまれる人もいます。

「うつ病のガイドライン」の続きを読む

統合失調症の陽性の症状とは

統合失調症は陰性と陽性に大きく分けることができます。陽性での症状では、幻覚や妄想と言った症状が特徴的です。陰性の場合ですと、自閉や感情の平坦化などが目立ちます。
幻覚や妄想は本来ないのに、あるように感じられる症状です。陰性の感情の平坦化や自閉では、周囲の人間や物事に関して興味が無くなるような症状が出て来ます。
「統合失調症の陽性の症状とは」の続きを読む

統合失調症の治療薬(海外からの輸入品)

統合失調症には特有の症状があります。幻覚、妄想、行動障害、感情や意欲の低下などです。

幻覚とは、実際には存在しないものを知覚することを言い、特に統合失調症でよく見られる症状が幻聴です。幻聴が起こると、だれも何も言っていないのに誰かに非難されているとか、命令されているとかなどの症状を訴えます。
妄想とは、真実でないことを真実と思い込んでいる状態です。比較的多いパターンが、誰かに見張られているとか、自分の話を誰かがしているとか、マスコミで自分が取り上げられているなど、周りから見ればおかしなことをそのまま信じているのです。

「統合失調症の治療薬(海外からの輸入品)」の続きを読む

ストレスが多い人が注意したい、統合失調症の代表的な症状

現代社会のなかで暮らしている限り、だれでも感じるストレス。

適度なストレスは生活をしていくうえでの張りあいを生むものであり必要なものとされますが、一方で過度なストレスによりこころの病気を発症してしまうひとも少なくありません。こころの病気のなかの一種である統合失調症も発症の原因にストレスが関係あるとされています。

統合失調症の代表的な症状として「妄想」「幻聴」「意欲の減退・引きこもり」があります。

「妄想」とは、誤った考えを確信してしまっている状態のことで、誤った考えをもつのに確たる根拠を特に必要としません。そのため、その考えが誤っていることを説明しようとしても考えをかえることができません。
「ストレスが多い人が注意したい、統合失調症の代表的な症状」の続きを読む

うつ病とクスリ「フェニルアラニン」

フェニルアラニンとは、たんぱく質構成アミノ酸の一種で卵・牛乳・肉類など多くの食品中に含まれている必須アミノ酸の一つです。

フェニルアラニンは脳と神経細胞間の信号を伝達する働きを持つ「ドーパミン」や「ノルアドレナリン」の材料になる物質で私達の体に欠かせない栄養成分です。
「うつ病とクスリ「フェニルアラニン」」の続きを読む

ADHDの正しい理解と治療方法

ADHDとは、不注意・多動性・衝動性、この3つの症状が頻繁に起り、子供この頃から周囲から「落ち着きがない」「物忘れや遅刻が多い」「規則が守れない」等々、周囲との混乱が生じやすい状態にあったはずです。
これは、五感の刺激を他人よりも激しく感じてしまうため、気が散って集中できないから起る現象であり、脳の機能の問題であり、個性として正しく周囲が認識し、補佐がありさえすれば、ADHDの人も、のびのびと得意分野を伸ばすこともできるはずなのです。

「ADHDの正しい理解と治療方法」の続きを読む

統合失調症と完治

統計的に、100人に1人の病気といわれています。
昔は「精神分裂病」と呼ばれていました。この名前は聞いたことがあり、何となく想像できる人もいるでしょう。
今は「精神分裂病」ではなく「統合失調症」と改名されました。
昔は精神病(心の病)として不治の病とされていましたが、統合失調症の原因解明は、未だ完全ではないものの、脳の構造や働きの異常が原因であることがわかってきました。

「統合失調症と完治」の続きを読む

抗てんかん薬

抗てんかん薬は、向精神薬が使用されていますが、先述したように「てんかん」は心の病や精神病ではなく、脳の構造の電気信号の機能的障害です。
但し、てんかん疾患を持つ患者さんの脳波には共通して、独特の脳の痙攣発作の波形が見られるので、脳の痙攣発作を防ぐために向精神薬が治療薬として使われています。
「抗てんかん薬」の続きを読む